アスペルガー症候群と私

アスペルガー症候群と私

アスペルガー症候群とは

 

アスペルガー症候群は、先天性の脳の機能障害で、広義の自閉症(=自閉症スペクトラム)
に含まれます。知的障害のない自閉症というのが、わかりやすいかもしれません。

 

発達障害  >  広汎性発達障害(≒自閉症スペクトラム) >  アスペルガー症候群

 

アスペルガー症候群の特徴

 

アスペルガー症候群など、広汎性発達障害の大きな3つの特徴(特性)として、

 

  1. 社会性の障害
  2. コミュニケーション能力の障害
  3. 想像力の障害

 

があげられます。
ではこの3つの特徴について、見てみましょう。

 

1.社会性(≒非言語的ソーシャルスキル)の障害

社会性の障害として、次のようなことができない、または苦手です。

 

・場の雰囲気を読み、ふさわしい行動をとる
・他人の気持ちを適切に読み取り、反応する
・視線や身振りで気持ちを伝える
・協力する
・自分が他人からどのように思われているか、また自分の存在がどのような影響を与えるかを知っている

 

 

2.コミュニケーション能力(≒言語的ソーシャルスキル)の障害

次のようなことができない、または苦手です。

 

・自分の気持ちを正しく伝える
・他人の言葉から感情を読み取る
・いつ、どのような話題を、どれくらい続ければよいか知っている
・ユーモアや比喩表現を理解する
・聞き手によって話し方を切り替える
・会話において、相手が何を求めているのかを感知する

 

 

3.想像力の障害

想像力の障害から来る、「こだわりが強く変化を嫌う行動様式」が見られます。

 

・生活の中での習慣、時間を守りたがる
・予定どおりにいかないと混乱する
・気持ちの切り替えが苦手
・興味の対象が狭い
・物事を決めつけて考える

 

 

アスペルガー症候群の人は、このような特性から、
周りから「変わりもの」「協調性がない」「わがまま」と思われることが非常に多いようです。
本人も、自分は人と同じようにできない、価値のない人間と思いこみ、
二次障害としてうつや不安障害を発症することもあります。

 

このサイトでは、
アスペルガー症候群の特徴(特性)や
私の体験、診断に至るまでの過程をお話しします。

 
スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ